ローディング

Loading0%

Integrated Writingの語数

2009年124日の投稿


Writing Integrated
問題5点のサンプル(Sample Questionsから)


のコメント欄に「
Web Toefl受講生」さんからIntegrated Writingに関して、以下のご質問をいただきました。


——————————————————————————————————————


葛山先生:いつもお世話になります。気になることがあったので投稿させていただきました。このセクションにおいては、指定語数の範囲内でないと減点対象と聞いたのですが、この
sampleは語数を大きく超えています。超えても構わないのでしょうか?私もこの練習問題をしましたが、重要と思えるポイントをすべて書こうとすると、225文字でおさめるのにかなり苦労しました。最近、本試験でも同じように超えそうになることがあるため、文章を簡潔にする練習もしているのですが、多少超えてもいいということなら本試験の限られた時間の中で余計なことに気を使わずに済み、かなり安心するのですが、どうなんでしょうか?ご意見お聞かせいただければ喜びます。


——————————————————————————————————————


Web Toefl
受講生さんが言う「指定語数」とは、Integrated Writing問題に回答する際、画面の上に表示される指示


Directions:
You have 20 minutes to plan and write your response. Your response will be judged on the basis of the quality of your writing and how well your response presents the points in the lecture and their relationship to the reading passage. Typically, an effective response will be 150 to 225 words.


150 to 225 wordsを指します。


Integrated Writing
において「225語を超えない方がいい」のかどうか、その昔Writingコースを担当していた時に生徒さんから質問されたことを思い出しました。


実際のところどうなっているのかは、
ETSに聞くのが一番です。


Official Guide 4th Edition 199
ページには


Suggested length is between 150 and 225 words. You will not be penalized if you write more, so long as what you write answers the question.


と書かれています。


よって「
ETSのお勧めは150から225語」であるが、


225
語を超えても減点にはならない。


また見方を変えれば、


たくさん書いて語数を稼ごうとする必要はない


とも言えます。


225
語以内に抑えようと努力する必要はないものの、とにかくたくさん書こうとする必要もありません。


Listening
Readingのそれぞれのポイントについて書けば、自ずと200語くらいにはなりますので、結論としては


Integrated Writing
では語数を気にしなくてよい


と言えます。

 

コメント

  1. Web Toefl 受講生 より:

    ありがとうございます。Official Guide にもしっかり記載してあるのですね。
    大変お手間取りました。ありがとうございました。

  2. Katsurayama より:

    Web Toefl受講生さん

    ETSのraterへの指導として、150-225語で十分と伝えていながらも、rater自身が多い語数(例えば300語以上)に良い印象を持つ可能性はあります。
    しかし、語数を稼ぐためだけに書くことを増やそうとする必要はありません。

    また何かありましたら、このブログでも、info@etestprep.co.jpへのメールででもご相談ください。

    Katsurayama

コメントを残す

まずは無料体験授業を受講する