ローディング

Loading0%

TOEFL Reading:挿入問題(Insert Test Q)の解き方を解説します!

昨日のブログ記事

 

» TOEFL Reading:挿入問題(Insert Test Q)を解いてみよう! 1分くらいで解けますか?

 

で予告した通り、掲載した挿入問題の解法を伝えます。

 

挿入問題は、1分以内で解きたい問題。
Reading問題のほとんどのパッセージは、最後の2問が「挿入問題 」→「 要約問題」(極めてまれに最後が「表完成問題」)。
1パッセージごとの時間配分としては、挿入問題に入ったときに残り3分になっていればOKと考えてください。
3分あれば、挿入問題を1分で、要約問題を2分で解けます。

 

ところが今回のように難しい挿入問題だと「1分で解けない!」ということも。
パッセージの理解が難しいし、挿入箇所の範囲が広いし(2つの段落)、挿入文も長いし …

 

「やべー、1分で解けないぞ、これ!」

 

という状況に追い込まれながらも、焦るし、どれを選んだらよいか分からない。
結局、最後の要約問題に2分残したいので、適当クリックになってしまう。

 

現実的な戦略として、要約問題に2分の時間を残すため、適当クリックをするのは悪くありません。
難しい挿入問題にハマって、長い時間かけても正解率はあまり高くないでしょうし。
配点が2ポイントの要約問題に時間を残したいところ。

 

でも当然ながら、そんな適当クリックは避けたいですよね。
では、挿入問題はどのように解けばいいのか?解法を確認しましょう。

 

挿入問題は最後の方で出題されるので、必然的に挿入箇所を含んだ段落をすでに一読した状況から問題を解くことになります。

 

まず行うべきは挿入文の分析。

 

Typical of this kind of urban growth is the steel-producing center of Gary, Indiana, outside of Chicago, which developed because massive heavy industry could not be located within the major urban center itself.

 

この文で注目すべきは、主語の “Typical of this kind of urban growth”

 

挿入文の主語意味的に重なる表現が■の前にあることが多い」

 

というだけではなく、ここではthisという代名詞が使われているので、■の前には必ず this kind of urban growth と重なる表現があるはず。そして、挿入文

 

Typical of this kind of urban growth is the steel-producing center of Gary, Indiana, outside of Chicago, which developed because massive heavy industry could not be located within the major urban center itself.

 

の意味から、

 

the steel-producing center of Gary, Indiana, outside of Chicago「シカゴ外側に位置する、鉄鋼生産の中心地であるインディアナ州のGary」は、前文で述べられたこのタイプの都市の発達の『例』として挙げられているとできれば気づきたいところ。

 

そして巨大な重工業は大都市(シカゴ)内で行えなかったため、重工業がシカゴの外側にあるGaryの発達をもたらした、という意味合いが大まかにでも取れていたかも正解にたどり着けたかのポイントになります。

 

また、Typical of this kind of urban growth is という表現から、この文は「this kind of urban growth の例としてGaryが挙げられている」という流れが取れると、この文は、その前の抽象的な表現に対する具体例になっているという推測が可能です。

 

※ typical of 〜「~を代表している;~の特徴を示している」
(ここでは形容詞句であるtypical of … が文の先頭にくる倒置の文になっています)

 

と、ここまで説明しましたが、残り少ない時間によって焦っている本試験の状況では、ここまで細かく意味を取るのはかなり高いReading力がないと難しいでしょう。それでも

 

this kind of urban growth と意味的に重なる表現が■の前にあるはず。

 

という視点を持つことは十分可能です。
ではこの点のみ意識して、4つの■を確認しましょう(ここではA, B, C, Dになっていますが)

 

(第5段落)

Studies by Park, Burgess, and other Chicago-school sociologists showed how new groups of immigrants tended to be concentrated in separate areas within inner-city zones, where they sometimes experienced tension with other ethnic groups that had arrived earlier. Over time, however, each group was able to adjust to life in the city and to find a place for itself in the urban economy. 【A】Eventually many of the immigrants moved to unsegregated areas in outer zones; the areas they left behind were promptly occupied by new waves of immigrants.

 

(第6段落)

The Park and Burgess model of growth in zones and natural areas of the city can still be used to describe patterns of growth in cities that were built around a central business district and that continue to attract large numbers of immigrants. 【B】But this model is biased toward the commercial and industrial cities of North America, which have tended to form around business centers rather than around palaces or cathedrals, as is often the case in some other parts of the world. 【C】Moreover, it fails to account for other patterns of urbanization, such as the rapid urbanization that occurs along commercial transportation corridors and the rise of nearby satellite cities. 【D】

 

Aの前には、this kind of URBAN GROWTH と重なる表現はありません。さっさと消去したい箇所です。
ここをなしと判断できれば第6段落に集中できます。

 

ちなみにAの前後は (民族的なグループである)immigrants「移住者、移民」についての話であり、挿入文と意味的に重なる箇所はありません。

 

(第5段落)

Studies by Park, Burgess, and other Chicago-school sociologists showed how new groups of immigrants tended to be concentrated in separate areas within inner-city zones, where they sometimes experienced tension with other ethnic groups that had arrived earlier. Over time, however, each group was able to adjust to life in the city and to find a place for itself in the urban economy. 【A】Eventually many of the immigrants moved to unsegregated areas in outer zones; the areas they left behind were promptly occupied by new waves of immigrants.

 

では、B、C、Dを確認するために第6段落に移りますが、ここでも「this kind of urban growth と重なる表現が前にない」という理由で2箇所の消去が可能です。ただ似たような表現があるため、そのように判断しにくいと思いますが。

 

(第6段落)

The Park and Burgess model of growth in zones and natural areas of the city can still be used to describe patterns of growth in cities that were built around a central business district and that continue to attract large numbers of immigrants. 【B】But this model is biased toward the commercial and industrial cities of North America, which have tended to form around business centers rather than around palaces or cathedrals, as is often the case in some other parts of the world. 【C】Moreover, it fails to account for other patterns of urbanization, such as the rapid urbanization that occurs along commercial transportation corridors and the rise of nearby satellite cities. 【D】

 

ここで皆さんに覚えていいただきたいのが、挿入問題解法のポイントの1つである以下。

 

<■の後の代名詞に注目>
■の後に代名詞(または代名詞と同じ働きをする名詞)がある場合、挿入文にその代名詞と意味的に重なる表現があるか確認する。なければ、挿入文はその■には入らず、そこは正解にならない。

 

今回のブログ記事、問題や解説が難しくても、ここだけでは覚えてください!

 

この視点に基づいて第6段落を見ると

 

Bの後には this model、Cの後には itという代名詞があります。
皆さん、ここに注目しましたか?

 

これらは

 

the Park and Burgess model of growth in zones and natural areas of the city  = this model = it 

 

という代名詞の流れ(それもすべて主語)になっているため「都市の成長を説明するモデル」を意味する表現が含まれていない挿入文はBやCには入らいないと判断できます。

 

例えば、Cの位置に挿入文が入ると、挿入文内にはthis modelにあたる表現がないので、it (= this model)が何を意味するか分かりにくくなってしまいます。このような位置には挿入文は入りません。
よって、時間がなくてもとりあえず正解であるDの選択が可能です。

 

The Park and Burgess model of growth in zones and natural areas of the city can still be used to describe patterns of growth in cities that were built around a central business district and that continue to attract large numbers of immigrants. 【B】But this model is biased toward the commercial and industrial cities of North America, which have tended to form around business centers rather than around palaces or cathedrals, as is often the case in some other parts of the world. 【C】Moreover, it fails to account for other patterns of urbanization, such as the rapid urbanization that occurs along commercial transportation corridors and the rise of nearby satellite cities. 【D】

 

ちなみにDの前の(other patterns of urbanizationの例としての)the rise of nearby satellite cities 「近くの衛星都市の発生[隆盛]」が、挿入文の(主語の)this kind of urban growthにつながる表現。
「近くの衛星都市の発生[隆盛]」の具体例として、挿入文の「Chicagoから離れた都市であるGaryの成長」が挙げられています。

 

satellite city の意味がピンと来ない人は以下をご確認ください。

 

satellite = a town or city that is close to and depends on a larger city

https://www.macmillandictionary.com/dictionary/american/satellite#satellite_11

 

satellite city

A self-supporting city planned within the natural growth pattern of another major city. It is intended to stop urban sprawl, supply an alternate mini central business district, and provide high-speed (preferably mass-transit) access between the major city and its satellites.

https://financial-dictionary.thefreedictionary.com/satellite+city

 

意味に基づいてDと判断できなくても、問題解法を使えば 1分以内でA、B、Cの消去が可能であるとご理解いただけるかと思います。

 

問題解法は万能ではありません。
ときには意味理解に基づいて、挿入問題における正解を判断することが求められます。
しかしこのような視点があれば、正解率を高めたり、より早く解答することができます。

 

今回の解説で触れた挿入問題の問題解法は一部であり、その他の視点を知りたいという方は是非、以下を確認しましょう。

 

» 【期間限定 8/31まで】Reading「挿入問題解法」のすべてを教えます!

 

「無料体験授業」ではその他のReading問題タイプに対する解説も行っています。

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

まずは無料体験授業を受講する