ローディング

Loading0%

7月TOEFL iBT試験、茅場町・横浜駅西口申込み受付開始 → 終了

4/5(火)5:38現在、7月のTOEFL iBT試験の申込み受付が始まっています。

関東の会場は、プロメトリック直営である茅場町テストセンターが受付中。

※ 追記4:8:25現在、再び現れた茅場町が消え、7/9は東中野にある専門学校東京テクニカルカレッジ、7/23は大智学園高等学校でのみ受け付けています。

※ 追記3: 7:45現在、7/9, 23ともに横浜駅西口が消え、再び現れた茅場町テストセンターのみが、両日で受付をしています。

※ 追記2: 6:12現在、7/23の茅場町も消え、横浜駅西口が受け付けています。

※ 追記1: 6:03現在、7/9は茅場町が消え、横浜駅西口テストセンターが受付を開始しました。 ブログのタイトルに「横浜駅西口」を追加します。

近畿は、大阪の中津テストセンターが受け付けています。

7月の試験は

7月   9(土)、23(土)

の2回のみ。

7月試験は、6月に続き、予定通りの開始でした。

関東のプロメトリック直営テストセンター会場には横浜駅西口もありますが、テストセンター会場の申込み受付が開始されたため、7月試験の速報は終了とします。

少なくともここ何ヶ月は、 関東のプロメトリック直営テストセンターは申込み受付開始から1週間くらい経ってから現れていたのですが、今回は初日から、茅場町が申込み受付を開始しています。

※ 追記1: 6:03現在、横浜駅西口の申込み受付が始まっています。

※ 追記3: 7:45現在、横浜駅西口は消え、茅場町が再び現れました。

※ 追記4: 8:25 茅場町、横浜駅西口の申込み受付が開始されたため、これで7月試験に関する情報の提供は本当に終了します。

コメント

  1. nos より:

    109点を目指す、に関する記事をもっともっと期待しています

  2. Katsurayama より:

    nosさん

    コメント、ありがとうございます。
    109を目指すにあたって、知りたいことのリクエストがあれば教えてください。
    109以上は獲得が極めて難しいスコアです。
    nosさんの現在のスコアやこれまでの取り組みをお知らせいただければ、それに基づいて、109獲得のプランをお伝えします。

    Katsurayama

  3. nos より:

    1~2ヶ月に一度受験しており、R25~30、L25~30、S20~23、W25~30位をうろうろしております。取り組みとしては、OGを3倍速で通勤時間に聞く程度です。

  4. Katsurayama より:

    nosさん

    過去5回のスコアと受験日、そして過去最高スコアとその受験日を教えていただけますでしょうか。
    今回お知らせいただいた幅のあるスコアではnosさんの弱点が見えにくいので。

    Katsurayama

  5. nos より:

    03/26/11 R28 L25 S23 W25 Total 101
    02/26/11 R30 L25 S20 W25 Total 100
    01/30/11 R25 L27 S22 W28 Total 102
    11/27/10 R28 L25 S20 W30 Total 103
    08/30/09 R30 L30 S20 W25 Total 105

    2009年のスコアについては、確か110点を超えていたスコアがあったかと思いますが、今は確認できないため、確かな点数を申し上げることができません。

  6. Katsurayama より:

    nosさん

    nosさんの過去のスコアからnosさんがかなり高い英語力をもっていらっしゃることが伺えます。
    ただTOEFL試験の問題形式に慣れていない部分があるのかもしれません。

    例えば、我々は日常において日本語を難なく使用していますが、だからといって皆、センター試験の現代文の問題に全問正解できる訳ではありませんね。

    nosさんの場合、TOEFLのオンライン模擬試験 Complete Practice Testをいくつか受験し、Reading, Listeningでどのような問題を落としているを確認・分析し、見つかった弱点を本試験で繰り返さないように心がけましょう。

    http://toeflpractice.ets.org/

    109以上を獲得するには、Wは28以上が必要です。
    過去5回の受験ではW28以上は2/5ですから、エッセイを提出して添削してもらう機会を何回かもち、TOEFL Writingにより慣れると同時に、添削を通して、自分の弱点を見つけ、修正することが大切です。

    Speakingは過去5回の最高点は23ですが、24以上が狙え、悪くても23が取れる実力を身につけたいところです。
    Reading, Listening, Writingのスコアと比べSpeakingのスコアが低いので、Speakingにおいては、回答の表現よりは、発音や抑揚などのdeliveryに改善の余地が多くあるのかもしれません。
    どこかの学校でSpeakingのコースを受講されるかなど、自分のSpeakingのプレゼンをチェックしてもらう機会を持ったほうがいいと思われます。

    Katsurayama

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

まずは無料体験授業を受講する