ローディング

Loading0%

「自宅TOEFL受験で不正行為を疑われた」というご相談をコメント欄にいただきました

ブログのコメント欄に、自宅TOEFL受験でのトラブルのご相談をいただきました。

 

コメント失礼します。
本日TOEFL iBTを自宅受験しました。私はブレイク中にスピーキングの練習をしていて、ブレイクが終わる前に練習の紙はしまいました。しかし、ブレイク後にbreak policyという文字が入った文が出てきて(すぐ消えてしまったので読めませんでしたが、ブレイク中の行為がカンニング扱いされてしまったのかな?と思います)、テスト中断させられてしまいました。突然のことで慌ててしまって、今週末に会場のTOEFLを予約しましたが、中3日以上開けていないことに気づきました。

この場合、本日の分の受験料は帰ってくるのでしょうか?また、今週末のテストのスコアは有効になるのでしょうか?そして一度カンニングをしたと認識されると、今後の受験はできないのでしょうか?

ちなみに、自宅受験は2回目で、ブレイク中の過ごし方は前回も今回も同じです。proctorの方も同じ方でした。また、その人には私が見ていた紙の事を話されて、私が謝ったところ、”No no, it’s okay. We will start the checking, so put it away now”と言われました。その後、「しまった紙を見せて」と言われて、見せたところ、ok!と言われ、部屋の全体を見せるところまで終わっていました。しばらく待っていると、intervention specialist がきて、テストを終了したと言う形です。カンニング扱いだったとは思えません…

とても長い質問で申し訳ありません。よろしくお願いします。

 

今日、自宅TOEFLを受けたが、休憩時間中に紙を見ながらSpeakingの練習をした。
休憩時間終了後に不正行為を疑われ、試験が中断された。
試験が受けれなかったため、今週末の会場試験の予約をしたが「中3日空ける」再受験のポリシーに引っかかっていることに気づいた。

 

という状況からいただいたご質問に回答します。

 

1.中断された試験の受験料は返却されるか?

 

これは返却されないと推測します。以下、受験におけるポリシーですが、違反した場合、返金されない(赤字)と明記されています。
また今回のケースは青字部分に該当します。

 

» What to Expect on Test Day

Testing policies and procedures

Be sure to follow all testing rules. Otherwise, your test can be canceled and your fee won’t be refunded.

  • Don’t use any unauthorized materials, including mobile devices, prewritten notes or textbooks at any time during the test, including the 10-minute break.
  • Personal recording devices of any kind are strictly prohibited.
  • You must disable any screen-sharing or remote-access software (such as Zoom, Skype, TeamViewer, Microsoft Teams and Apple Remote Desktop) prior to the test. It must remain disabled throughout the test. Make sure that the software will not open automatically during the test.
  • Don’t communicate with anyone other than the proctor.
  • There may be references to using a headset during your test. Ignore these; headsets are not allowed in the TOEFL iBT Home Edition.
  • There is a 10-minute break after the Listening section when you may leave your seat. You must return on time. Unscheduled breaks aren’t allowed.
  • At the end of the test, you’ll be able to view unofficial scores for the Reading and Listening sections. Then you’ll have the option to report or cancel your scores.
  • ETS is monitoring reuse of devices and testing locations for unauthorized purposes. Frequent, inappropriate reuse of shared testing devices and common testing locations may result in score delay and/or score cancellation and could impact your eligibility to take future ETS exams.

 

10分間の休憩時間は何をしてもいいということではありません。
会場で受験したことがある人は、同じようにしなければならないと考えてください。つまり休憩時間中、自分の席でできることはただ待つだけです。
休憩時間中トイレに行けるのは当然ですが、飲食をする場合は、不正を疑われる可能性をなくすため試験官の視界に入らないところで行いましょう。

 

2.今週末に受験したらスコアは有効になるか?

 

私には分かりません。ETSに問い合わせることをお勧めします。
本日の受験がカウントされるなら「中3日空ける」ポリシー違反になりますが、このようなケースは初めてなので。
(本日の試験がテクニカルなトラブルで受験できなくなったなら問題ないのですが)
もし同様の経験をされた方がいらっしゃったら是非、お知らせください。

 

» Contacts for TOEFL Test Takers

 

 

3.不正行為をしたと認識された場合、今後受験はできないか?

 

今後も問題なく受験できると考えます。
自宅TOEFL受験では(ときには不当な形で)不正が疑われて試験が中断された報告を数件いただいていますが、皆さん、その後問題なく受験できています。
どれも不正が疑われただけで実際に不正行為は行っていません。

 

休憩時間中にスマホで連絡を取ろうとしたため不正が疑われ、試験が中断された方もいらっしゃいますが、その後問題なく受験できています。

 

ただETSには「不正の意図がなかった」ことをはっきりと伝え、返金またはリスケを要求した方がいいと思います。結果、返金・リスケは勝ち取れなくても、不正行為はなかったと表明できるので。

 

ご報告では試験官がOKとしたことが認められませんでしたが、試験官はあまり当てにしないほうがいいです。ProctorUの試験官は様々な試験をオンラインで監督しています。なのでTOEFLで求められるルールがよく分かっていない人もいます。もちろん何らかの指導は受けているのでしょうが、試験官としてやるべきことが徹底されていないこともあります。それが自宅TOEFL受験でトラブルが発生する理由のひとつではありますが。

 

コメント

  1. Yui より:

    上記の質問をした者です。迅速な回答ありがとうございます。自宅受験の解釈が間違っていた部分がありました。3日以内のスコア反映については、ETSに連絡をしてみます。ありがとうございました!

  2. Katsurayama より:

    Yuiさん

    受けられるとしたらもう明日ですね。
    今回の件の結末、是非お知らせください。

  3. 水餃子 より:

    今回5月10日に自宅受験をしました。休憩時間中にノートを見てしまい、プロクターに「紙見ちゃだめだよ~」と言われ、ノートをしまって残りの休憩時間を過ごしました(6分くらい)。スピーキングセクションに移る直前にチャットだけでもう受けれませんと表示され通信が切断されテストが終了されました。

    ETSに問い合わせるとポリシーの再説明とまた受験できるとの記載がありました。しかしメールに◾If the violation is identified after registration but before the test date, your test appointment will be canceled and your test fee will not be refunded.と書いてありました。このViolationというのは3日以上開けなかったという場合の違反なのか、今回のテストが不正違反という場合なのでしょうか?
    その後6月と8月に受験登録をすることができました。この場合6月と8月のスコアはもらえるのでしょうか?

  4. Katsurayama より:

    水餃子さん

    ブログ記事のご報告と同じようなケースですね。

    > ETSに問い合わせるとポリシーの再説明とまた受験できるとの記載がありました。

    そうですね。ポリシー違反により、試験が中断された。しかし今後の受験は問題なくできるということですね。

    > しかしメールに◾If the violation is identified after registration but before the test date, your test appointment will be canceled and your test fee will not be refunded.と書いてありました。このViolationというのは3日以上開けなかったという場合の違反なのか、今回のテストが不正違反という場合なのでしょうか?

    その文は、以下のような通知の中にあったものかと推測します。その場合、「2つの試験の間に3日間以上取らなかったとき」の話なので、今回の違反とは関係ありません。

    The retake policy states you cannot take the test more than once in a 3-day period. If you already have a test appointment, you cannot register for another test date that is within 3 days of your existing appointment. This applies even if you canceled your scores on a test taken previously. The retaking a test policy will be enforced even if a violation is not immediately identified (e.g., inconsistent registration information). If the violation is identified after registration but before the test administration, the testing appointment will be canceled, and test fees will be forfeited. If the violation is identified after test scores have been reported, the invalid scores will be canceled, score recipients will be notified of the cancellation and test fees will be forfeited.

    > その後6月と8月に受験登録をすることができました。この場合6月と8月のスコアはもらえるのでしょうか?

    問題なく受験できて、スコアも出るはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

まずは無料体験授業を受講する